NEC、AI関連要員600人から倍増 新野社長「海外ベンチャーと協力も」

2016.11.30 06:19

インタビューに応じるNECの新野隆社長=29日、東京都港区
インタビューに応じるNECの新野隆社長=29日、東京都港区【拡大】

 NECの新野隆社長は29日、フジサンケイビジネスアイなどとのインタビューに応じ、人工知能(AI)関連事業の要員を現在の約600人から2~3年で倍増させる考えを明らかにした。社内での人材育成だけでなく、外部からも積極的に採用する方針。顔認証や音声認識などの技術を活用し、防犯やマーケティングなどの市場を開拓する。

 新野社長は「これまでは、データの『見える化』や分析に力を入れてきた。今後はこれらを伸ばすとともに、データに対処するための人員も増やし、全体的に底上げをしていく」と述べた。具体的には、強みがある認証技術をベースに、モノの表面に浮かぶ「物体指紋」を画像で見分けて工場の自動化を後押しする製造業向けサービスなどを展開。「ビッグデータを処理するだけでなく、限られたデータで災害や病気の予測ができるようにしたい」と述べた。

 NECは2020年度までにAI関連事業の累計売上高を2500億円に引き上げる計画で、産業技術総合研究所、東大、大阪大とも共同研究を進める。新野社長は「海外ベンチャーとも幅広く協力したい」と意欲を示した。

 このほか、米ゼネラル・エレクトリック(GE)と、機器をインターネットでつなぐ「モノのインターネット(IoT)」の産業分野でも協業。AI分野の映像技術などをGEの工場向けの情報基盤「プレディクス」に追加し、「グローバルに広めていきたい」(新野社長)考えだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。