DeNA、まとめ9サイト非公開に 「無断転用推奨」社長が謝罪

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は1日、運営する9つの情報まとめサイトの記事を非公開にした。医療・健康情報を扱う「WELQ(ウェルク)」に信憑(しんぴょう)性に疑問のある記事が掲載されているなどとの指摘を受け、運営体制が共通する10サイトを調査していた。守安功社長は同日発表したコメントで、「マニュアルやライターの方々への指示などにおいて、他サイトからの転用を推奨していると捉えられかねない点があった」と不適切な運営手法を認め、謝罪した。

 「キュレーション」と言われる情報まとめサイトは、運営する編集部だけでなく、一般からの投稿も掲載。同じジャンルの情報を一覧できる利便性が受けている。広告などで収益を得ているが、ウェルクでは医学的な知識のある専門家以外からの投稿が公開されており、内容の誤りや転用疑惑が浮上。11月29日にウェルクの公開をやめた同社は、調査結果を踏まえ、子育ての「cuta」、旅行の「Find Travel」など8サイトの記事も非公開化。女性向け情報の「MERY」は問題がなかったとして公開を続ける。

 守安社長は、自身の月額報酬の30%を半年間減額する処分を公表。「これまでの記事作成のプロセスを精査し、運営のあり方を抜本的に見直す」とした。

 同社は情報まとめサイトを新しい収益の柱にしようとしていただけに、経営の痛手になりそうだ。