USJの任天堂エリア、2020年夏までに開業へ 500億円超を投資

2016.12.12 17:40

USJに建設される任天堂のゲームをテーマにしたエリアのイメージ(USJ運営会社提供)
USJに建設される任天堂のゲームをテーマにしたエリアのイメージ(USJ運営会社提供)【拡大】

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は12日、任天堂の人気ゲームキャラクター「マリオ」などが登場する新エリアを2020年夏までに開業すると発表した。投資規模は500億円を超え、USJとして過去最高を見込む。

 ゲームの世界観を楽しめる新エリアの名称は「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」。乗り物型のアトラクションやショップ、飲食店などを設ける巨大エリアで、新たな観光名所になりそうだ。

 任天堂エリアは日米計3カ所のテーマパークでオープンする計画。大阪市のUSJは米オーランドとハリウッドの2カ所のパークに先立ち、世界で最初に開業する。パーク内の駐車場などに建設する予定で、来年に着工する見通しだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。