USJの任天堂エリア、2020年夏までに開業へ 500億円超を投資

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は12日、任天堂の人気ゲームキャラクター「マリオ」などが登場する新エリアを2020年夏までに開業すると発表した。投資規模は500億円を超え、USJとして過去最高を見込む。

 ゲームの世界観を楽しめる新エリアの名称は「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」。乗り物型のアトラクションやショップ、飲食店などを設ける巨大エリアで、新たな観光名所になりそうだ。

 任天堂エリアは日米計3カ所のテーマパークでオープンする計画。大阪市のUSJは米オーランドとハリウッドの2カ所のパークに先立ち、世界で最初に開業する。パーク内の駐車場などに建設する予定で、来年に着工する見通しだ。