【ドローンタイムズ】宅配実験を各地で 国家戦略特区の千葉・福岡でも

2016.12.14 05:00

 ドローンを使った宅配実験が相次いでいる。11月には国家戦略特区に指定されている千葉市、福岡市で、官民参加の実験が行われた。

 千葉市の稲毛浜では11月22日、楽天、自律制御システム研究所(ACSL、千葉市)、NTTドコモが、通信回線LTEを活用したドローン宅配の実証実験を行った。東京・世田谷の楽天本社からLTEネットワークによって遠隔操作されたドローンが700メートル離れた稲毛海浜公園のプールに荷物を配送した。

 実験は、ドコモのスマートフォンを搭載した自律飛行ドローンによる長距離配送を想定。実験に立ち会った千葉市の熊谷俊人市長が、楽天の開発したスマートフォンのアプリから、モバイルバッテリーと本を注文した。アプリからの注文を受けた楽天が、世田谷にある本社からドローンに飛行指示を出すと、実験会場である海岸に待機したドローンが離陸した。ドローンは予定通りに飛行し、商品のはいった箱を目的地に届けることに成功した。熊谷市長が中身を確認し、実験は終わった。熊谷市長は「実用化を視野に入れた実験として、大変に意義があった」と話した。

 15日には、福岡市でもNTTドコモ、ドローンメーカーのエンルート(埼玉県)、生活支援サービスのMIKAWAYA21(東京)が、LTE回線を使って、市街地から博多湾に浮かぶ能古島(のこのしま)に宅配する実験を実施した。

 ドローン宅配の実現を視野に入れた実験は、今後も加速しそうだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。