三井住友銀、米の鉄道貨車リース大手を3200億円で買収

2016.12.20 10:19

 三井住友銀行は20日、米6位の鉄道貨車リース大手、アメリカン・レールカー・リーシング(ARL)を約27・8億ドル(約3200億円)で買収すると発表した。2017年前半に米投資ファンドから全株式を取得する。三井住友銀の子会社の米貨車リース大手、SMBCレール・サービシーズ(RS)との統合も検討する。

 ARLとSMBCRSが保有する貨車の合計は約5万5千両となる。

 米国の貨車リース事業は、同国での主要な物流インラである鉄道輸送需要を背景に安定した成長が見込める分野。リース会社が、農産物や石油化学、天然資源などの荷主企業に貨車を貸し出している。

 三井住友銀の本業の国内貸出業務は、日銀のマイナス金利政策を背景に預貸利ざやが縮小する厳しい状況が続く。このため、収益性の高い米貨車リース事業の強化が必要と判断した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。