【開発物語】武田薬品が満を持した健康食品「緑の習慣」 ミドリムシでユーグレナと組む (3/8ページ)

2016.12.26 15:00

緑の習慣の開発エピソードなどについて語る武田薬品工業の高濱仁彦氏(左)ら
緑の習慣の開発エピソードなどについて語る武田薬品工業の高濱仁彦氏(左)ら【拡大】

  • 緑の習慣は、1日分の3カプセルが個包装になっている
  • 緑の習慣の製品パッケージ(30包入り)
  • 洗浄・濃縮・乾燥などの工程を経てパウダー状の粉末となったミドリムシ
  • 共同プロジェクトの発表会見で手を取り合う武田薬品工業の杉本雅史氏(左)とユーグレナの出雲充氏=2014年10月

                   ◇

 緑の習慣の発売前の2014年10月、両社が東京都内で開いた共同記者会見。ユーグレナの出雲充社長は「(武田薬品は)今まで提携した企業と比べても特に求められるレベルが高い」「武田薬品から多くのことを学んだ」などと振り返った。武田薬品の杉本雅史・ジャパンコンシューマーヘルスケアビジネスユニットプレジデントは「健康食品事業においても、製薬企業としてのこだわりをもって進めたい」と決意を示した。

 売り上げは、発売当初こそ伸び悩んだものの、口コミなどでリピーターが増え続けて大きく伸長。今年10月からは通販に加えてドラッグストアなど店頭販売にも販路を広げた。担当の稲村隆治・通販グループ課長代理は「取り扱い店舗は想定を3割以上上回った」と手応えをつかんでいる。

 武田薬品の健康食品事業は、「健康でありたい」と考える消費者のニーズと向き合い、進化を続ける。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。