【開発物語】武田薬品が満を持した健康食品「緑の習慣」 ミドリムシでユーグレナと組む (7/8ページ)

2016.12.26 15:00

緑の習慣の開発エピソードなどについて語る武田薬品工業の高濱仁彦氏(左)ら
緑の習慣の開発エピソードなどについて語る武田薬品工業の高濱仁彦氏(左)ら【拡大】

  • 緑の習慣は、1日分の3カプセルが個包装になっている
  • 緑の習慣の製品パッケージ(30包入り)
  • 洗浄・濃縮・乾燥などの工程を経てパウダー状の粉末となったミドリムシ
  • 共同プロジェクトの発表会見で手を取り合う武田薬品工業の杉本雅史氏(左)とユーグレナの出雲充氏=2014年10月

 ≪FROM WRITER≫

 今回の取材で私が関心を抱いたのは、武田薬品工業が提唱する「セルフケア」だ。

 「健康維持の源は食事を中心とした日頃の生活習慣」と考える武田薬品にとって、現代人の偏りがちな栄養バランスを改善すると期待されるミドリムシは理想的な素材だったという。ミドリムシを健康食品として世の中に提供することで、自分で自分の健康を管理するセルフケアにつながれば、という思いがあった。

 病気の症状は表れていないものの、病気に向かいつつある状態を「未病」といい、体の不調を改善する考え方がある。神奈川県では2014年1月に「未病を治すかながわ宣言」を発表。三菱地所は、自社の開発したビルに肩こりや腰痛を改善するための運動指導などを売りにしたフィットネスジムを開業しており、自治体や企業が注目している。

 セルフケアや未病への対策は、国の財政を圧迫している医療費の高騰という問題に対する解決策の一つでもある。健康を保つことへの努力を怠ってはいけない、と肝に銘じた。(鈴木正行)

                   ◇

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。