東電 来年7月ガス販売 家庭向け、顧客囲い込み本格化

 東京電力ホールディングスは26日、2017年7月から家庭向け都市ガス販売に乗り出すと発表した。都市ガス小売り全面自由化を17年4月に控え、関西電力なども相次ぎ参入を表明。先行する電力自由化も背景に、電力大手と都市ガス大手の顧客の囲い込み競争が本格化している。

 小売りを担う東京電力エナジーパートナーの小早川智明社長は26日の記者会見で「19年度に100万件の顧客にガスを送りたい」と強調した。都市ガスの卸供給契約を結んだ日本瓦斯(ニチガス)と合わせ、東京ガスの顧客の約1割を奪う目標だ。

 東電は年明けに料金プランを公表するが、電気とのセット販売で「安い料金を目指したい」(小早川社長)とする。

 迎え撃つ東ガスは、今年から始めた首都圏の家庭向け電力販売で既に56万件超の契約を獲得。ただ、火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)の調達量で東ガスを上回る東電のガス販売参入は脅威だ。東ガスの広瀬道明社長は「東電とニチガスは最強の組み合わせだ。顧客からの信頼感で勝負したい」と語った。関電と中部電力、九州電力も17年4月から家庭向けのガス販売を開始する計画だ。