東芝、米原発事業の減損損失は3000億円超か 2年連続の巨額損失で支援要請へ (1/2ページ)

2016.12.28 07:01

 経営再建中の東芝は27日、米国での原発事業をめぐり平成29年3月期連結決算で数千億円規模の減損損失を計上する可能性があると発表した。最終損益は1450億円の黒字になる計画だった。米原発事業では昨年も2500億円規模の減損処理を実施しており、2年連続の巨額損失となる。財務悪化懸念を受け、銀行に支援を要請する。

 具体的な損失額は「精査中」とし、来年2月中旬までに確定する。東芝から説明を受けた大手銀行の関係者からは「資本金の2千億円と今期利益が吹き飛ぶくらいの可能性は高い」などと、少なくとも3千億円を超えるとの声が出ている。

 東芝は昨年末、米原子力子会社のウェスチングハウス・エレクトリック(WH)を通じ、米原子力サービス会社「CB&Iストーン・アンド・ウエブスター」を買収した。資産価値を見直したところ、原発建設費用が膨らむことなどで当初の想定を大幅に下回ることが分かり、多額の損失計上が必要と判断した。

 綱川智社長は27日夕、東芝本社で記者会見を開き、「全ての関係者に迷惑をかけ、心よりおわびする」と謝罪した。責任について問われると、「痛感している」とし、「今は処理に真摯(しんし)に当たることに集中する」とも答えた。

減損処理の影響次第では東芝の財務基盤は「危険水域」に入る

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。