ジェットコースターなど居ながらにして体験 テーマパークで増えるVRアトラクション (1/3ページ)

2016.12.28 11:30

泉陽興業の「VRビークル」
泉陽興業の「VRビークル」【拡大】

  • メディアフロント・ジャパンのVRハンググライダー
  • ポニーキャニオンのARアトラクション「HADO」
  • namcoイオンモール長久手店内のVRコーナー(パース図)

 ジェットコースターで花畑を突っ切り、ハンググライダーでマグマの上を越えて飛ぶ。実際にやろうとしても不可能なこれらの遊びが、VR(仮想現実)によって遊園地などで楽しめるようになりそうだ。東京ビッグサイトで12月に開かれた見本市のテーマパークEXPOには、VRや「ポケモンGO」で話題となったAR(拡張現実)の技術を使って、いながらにしてさまざまな体験ができるアトラクションが並んで、“未来の遊園地”の姿を見せていた。

 レールの上に置かれたライドに乗り込み、イスに座ってシートベルトで体を固定し、VRヘットマウントディスプレイを装着する。見ると、目の前には黄色いジェットコースターのレールが上方へと伸びていて、スタートの合図とともに前へと進み始める。頂点まで来ると、ジェットコースターは一気にレールを下り、右へ左へと曲がりループも回って突き進む。ライド自体が前進や後退を行うほか、座っているイスが上下左右に動き、カーブやループの動きを再現して体に伝える。そこに映像が重なると、本物のジェットコースターに乗っているような気分になってくる。

 遊園地やテーマパーク向けの装置を開発・展開している泉陽興業(大阪市浪速区)が、テーマパークEXPOに出展した「VRビークル」は、遊園地の花形とも言えるジェットコースターを、わずかなスペースで再現できるVR専用ライドシステム。コンテンツを作り込めば、花畑の中を突っ切り海中を進む、現実にはあり得ないジェットコースターを生み出せる。

現実では飛べなさそうな場所を進むハンググライダーのVR

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。