サンヨーホームズ、「寄り添いロボット」来春発売 高齢者の転倒によるけが防止 (1/2ページ)

2016.12.28 05:00

天井からワイヤでつるしたベスト型の本体を装着する「寄り添いロボット」。転倒しても安全に着地できる
天井からワイヤでつるしたベスト型の本体を装着する「寄り添いロボット」。転倒しても安全に着地できる【拡大】

 住宅メーカーのサンヨーホームズは、高齢者らの転倒によるけがを防ぐ室内用器具「寄り添いロボット」を来年4月に発売する。天井のガイドレールからワイヤでつるしたベスト型の本体を装着し、万が一転倒しても安全に着地させる仕組み。初年度は100台の販売を予定し、2年目は1000台を計画している。リフォームや新築時に設置し、価格は工事費込みで50万円から。

 矢野経済研究所によると、住宅リフォーム市場の規模は2020年に15年比で12%増の7兆3000億円と予測され、30年まで市場拡大が持続するとみている。とくに高齢化に伴うリフォーム需要が底堅いことから、同社は受注の際に差別化を図る有効なツールとして攻勢をかける。

 寄り添いロボットは、ワイヤでつるされたベストを上半身に装着する。室内の天井に取り付けたガイドレールに沿って、寝室、キッチン、トイレなどを移動。転びそうになるとその力が天井からつるされたモーターに伝わって抵抗力が働き、急に倒れることなく、だれかが体を支えて、ゆったりと寝かせるように床に着地させる。電気を使わず、2年に1回の定期点検だけで手間もかからない。

 これまでは、要介護者が転倒した場合、周囲に人がいないとだれかに発見されるまで起き上がることができず、そのまま放置されることが多かった。同器具は安全に倒れて自分で起き上がることができる。このため一人暮らしや、日中家族が外出して一人になる高齢者が安心して日常生活を送れるようになる。

リハビリテーション施設などからの問い合わせが多い

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。