限定10台! フェラーリが日本進出50周年記念モデル『J50』を発売 (1/3ページ)

 フェラーリは先日、国立新美術館で開催されたフェラーリ日本進出50周年記念式典において、新しい極少数限定シリーズのビスポーク・モデル『J50』を発表した。

 フェラーリ・イン・ジャパン50周年記念特別限定モデル『Ferrari J50』は、1970年代から80年代に人気を博したフェラーリ・ロードカーを想起させるタルガボディ・スタイルの復活を強調する2シーター、ミッド・リアエンジン・ロードスターだ。フェラーリのスペシャル・プロジェクト部門によって開発され、マラネッロのフェラーリ・スタイリングセンター・チームによって設計された『J50』は、フェラーリ伝統の精神、「フォーリ・セリエ」が今に蘇る、わずか10台の限定モデルで、1台1台顧客のリクエストに合わせてテーラー・メイドで仕上げられる。

 『488Spider』をベースに設計された『J50』は、今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで総合優勝に輝いた3.9 リットルV8エンジンの出力690cv特別バージョンが搭載される予定だ。

 『Ferrari J50』の完全新設計となるボディワークは、革新的なスタイリングを最大限に追求する顧客の嗜好に合った、極めて個性的かつ未来的なデザイン手法を取り入れたデザインとなっている。フェラーリの本質である俊敏性と軽快さを融合させるというデザインアプローチを牽引したのは、極めて低いフォルムのロードスターを創造したいという情熱であった。フェラーリはこれを2本のキャラクターラインが収束するアクセント・デザインによって実現。ウインドスクリーン上端から後方に向かって下降するサイドウィンドウのカットラインと、低く抑えられたノーズから大胆に立ち上がり、ドア後方のエアインテークへと溶け込む黒いスウェッジライン。この2本のラインの相互作用によって、ボディ側面のダイナミズムが強調されている。

ブラックの分割ラインは、『GTO』、『F40』、『F50』でも採用されている…