トヨタHV、欧州販売40%増 VW不正で追い風 ディーゼル車は「消えゆく存在」 (1/3ページ)

2016.12.30 06:48

トヨタ自動車が欧州市場に投入した小型スポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」(ブルームバーグ)
トヨタ自動車が欧州市場に投入した小型スポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」(ブルームバーグ)【拡大】

 トヨタ自動車は欧州の自動車市場で、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)などディーゼルエンジンで攻勢をかける競合他社を尻目に、ハイブリッドモデルに注力してきた。その戦略の成果がついに実ろうとしている。

 ミスマッチ解消

 トヨタが2016年に欧州で販売したハイブリッド車(HV)は、前年比約40%増の約30万台に達する見込みだ。好調の一因には、昨年明るみにでたVWの排ガス不正問題もあるようだ。

 これまでトヨタが欧州で苦戦した要因は規制の厳格化ではなく、製品と市場のミスマッチにあった。2010年代初め、日米などの主要市場ではHV「プリウス」の需要が高まり生産を追いつかせるのに精いっぱいだったが、ディーゼル車が新車販売の半分以上を占める欧州市場ではあまり売れなかった。12年にトヨタ・モーター・ヨーロッパのカール・シュリヒト執行副社長が日本での勤務を経て欧州に戻った際、同社に対する市場の評価は、規模や見通し、価格競争力を欠いているという手厳しいものだった。

 しかし、VWのスキャンダルにより風向きが変わった。ディーゼル車の勢いが落ち、ディーゼル車で他社と争う代わりにHVに注力するという、トヨタの戦略の成果が現れ始めている。

トヨタの欧州での存在感は依然として小さい

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。