世界最薄の1ミリ シチズン、引き算の美学で「究極の時計」追求 (1/4ページ)

2016.12.30 15:10

シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)【拡大】

  • シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
  • ムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」を開発した、時計メーカー「シチズン」開発課の今村和也さん=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
  • シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」の部品=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
  • シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」の部品=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)

 GPS(衛星利用測位システム)機能を搭載したり、スマートフォンと連携して時刻を修正したりするなど、時計の技術はまさに刻一刻と進化し続けている。持ち主の心拍測定までできる「スマートウオッチ」も台頭する中、シチズン時計は今秋、機能やデザインを可能な限り簡素化した“究極の時計”を世に送り出した。ムーブメント(駆動部分)厚1ミリ、ケース厚2.98ミリの世界最薄のアナログ式光発電腕時計「エコ・ドライブワン」だ。時計の常識を打ち破るスリムなボディーには、繊細な技術と「世界初」にこだわる大志がこめられている。

 「時計の本質を見直し、すべてをそぎ落としたシンプルで薄く美しい時計に挑戦しよう」

 戸倉敏夫社長の号令を受け、シチズンがエコ・ドライブワンの開発に動き出したのは平成26年夏だった。

 シチズンは昭和51年、世界で初めて太陽光で発電し、電池交換不要のアナログ式腕時計を発売。平成7年から「エコ・ドライブ」の名で展開し、環境に優しい腕時計として世界中に広まった。

 エコ・ドライブワンは、アナログ式光発電腕時計の40周年モデルとして企画された商品。それだけに開発、企画部門の社員の士気はいつになく高まった。目指したのは「引き算の美しさ」だ。

装着してみると、手首にフィットして軽い

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。