世界最薄の1ミリ シチズン、引き算の美学で「究極の時計」追求 (3/4ページ)

2016.12.30 15:10

シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)【拡大】

  • シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
  • ムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」を開発した、時計メーカー「シチズン」開発課の今村和也さん=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
  • シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」の部品=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)
  • シチズンが開発したムーブメント1ミリ以下の「エコ・ドライブワン」の部品=5日、東京都西東京市(荻窪佳撮影)

 従来サイズは厚さ1.47ミリで1ミリのスペースからはみ出してしまう。これを0.96ミリまで薄くするために、磁石と歯車を結ぶ「座」と呼ばれる金属部品を使わず、レーザー溶接で固定する斬新な技法を編み出した。

 厚さ1ミリ以下のものが存在しなかった2次電池も、電池メーカーの日立マクセルとの共同開発で0.9ミリにまで縮小。このほか、時計を動かすのに欠かせないコイルについても芯は厚さ0.3ミリ、巻線は0.017ミリの極細サイズにするなどの工夫を凝らした。

 薄型化が実現しても喜んでばかりはいられない。「薄くなると水圧に弱くなり、水にぬれると形がたわみやすくなるといったデメリットが生じる」(今村さん)からだ。

 このため、ガラスを囲むベゼルや裏ぶたに「バインダレス超硬合金」「サーメット」という強度に優れた新素材を採用して外装を頑丈にした。薄さとたくましさを兼ね備えた「オンリーワン」の時計が生まれた。

 人間でいえば、40歳はいい大人だが、いろいろなことに挑戦もできる年齢だ。エコ・ドライブも成長を続けていく。(宇野貴文)

エコ・ドライブワンとは

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。