マクドナルドがバーガー「総選挙」 1位は“公約”を実現

日本マクドナルド第1回マクドナルド総選挙、中川翔子さん
日本マクドナルド第1回マクドナルド総選挙、中川翔子さん【拡大】

  • 「第1回マクドナルド総選挙」開催セレモニーに出席した左から政井マヤ、高田延彦、中川翔子=東京・新宿

 日本マクドナルドは5日、バーガーの1位を決める「総選挙」を6日から実施すると発表した。1位になったバーガーは立候補の際に掲げたビーフパティやベーコンの追加などの「公約」を実現する。

 総選挙は、マクドナルドで販売しているバーガーのうち選抜した12商品を、ビーフパティを使ったバーガーのグループとそれ以外のグループに分類。各グループのトップを選ぶ1回戦を6~24日まで実施し、25~31日にトップ同士の決勝投票を行う。

 1位になったバーガーは2月1~7日の間、値段は据え置きで公約を実現した「スペシャルバーガー」として販売する。店舗で対象の12商品を購入してパッケージに記載された2次元コードから専用サイトにアクセスするか、ツイッターを通じ、投票できる。投票結果と期間中の対象商品の売り上げを集計し、1位を決める。