トヨタ株、一時3%超下落 トランプ氏のメキシコ新工場批判で

 6日午前の東京株式市場で、トヨタ自動車株が前日終値比で一時3%超下落した。トランプ次期米大統領が5日、トヨタのメキシコ新工場の建設について「米国に工場を造るか、巨額の関税を払うかどちらかだ」と名指しで批判したことを受け、取引開始直後から海外事業への悪影響を懸念した売り注文が強まった。

 メキシコに工場を展開するマツダ、日産自動車、ホンダなどの自動車株も軒並み下落した。

 市場からは「トランプ次期政権との関係悪化でトヨタの工場建設計画が変更を迫られるのか動向を注視したい」(大手証券)との声が上がった。