クルマが運転手の気分を推測 ホンダなど自動車各社が最新技術アピール 米家電見本市「CES」で (1/2ページ)

2017.1.6 20:06

5日、米ラスベガスで開幕した家電見本市「CES」で、トヨタ自動車が公開した試作車「Concept愛i(コンセプト・アイ)」(共同)
5日、米ラスベガスで開幕した家電見本市「CES」で、トヨタ自動車が公開した試作車「Concept愛i(コンセプト・アイ)」(共同)【拡大】

  • 5日、米ラスベガスで開幕した家電見本市「CES」に、ホンダが出展したコンセプト車「NeuV(ニューヴィー)」(共同)
  • 4日、米ラスベガスで披露された、自動運転技術とAIを搭載したトヨタ自動車の試作車「Concept愛i(コンセプト・アイ)」(ロイター)

 自動車メーカー各社が、5日(日本時間6日)に米ラスベガスで開幕した世界最大の家電見本市「CES」で、人工知能(AI)や自動運転の技術を競い合うように打ち出している。最先端分野での高い技術力をアピールして、ブランド力の向上につなげる狙いがある。(今井裕治、ワシントン=小雲規生)

 ホンダは、自動運転機能を持つ電気自動車(EV)のコンセプト車「NeuV(ニューヴィー)」を出展した。人間の感情に似たプログラムを持つAIを搭載しており、表情や声から運転手の気分を推測し安全運転などの支援を行う。

 将来的には運転手の生活スタイルを学習して車が店舗まで行ってコーヒーを注文したり、所有者が利用しない空き時間に車自身の判断でカーシェアリングに参加したりする機能などの実現を目指す。発売時期は未定という。

 ホンダはこのほか、米クレジットカード大手のビザと共同開発した決済技術を紹介、駐車場やガソリンスタンドで車に乗ったまま料金を支払える仕組みだ。

 ホンダは先端技術領域で、米IT大手グーグル傘下の企業と自動運転技術の共同研究に向けた検討を始めるなど、外部の力を積極的に取り入れる方針だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。