ファストリ・柳井会長 消費行動の変化に対応、業績てこ入れ「ECを成長エンジンに」 (1/2ページ)

2017.1.6 06:09

インタビューに答えるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=5日、東京都港区
インタビューに答えるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=5日、東京都港区【拡大】

 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は5日、EC(電子商取引)を成長エンジンの一つに位置付けると明らかにし、インターネット通販を強化する方針を示した。国内消費が低迷するなか、ネット通販市場は拡大を続けているためで、消費行動の変化に対応し業績をてこ入れする考えだ。

 同社は昨年10月、2020年の販売目標を5兆円から3兆円に下方修正した。柳井氏は「20年の現実的な目標に修正した」とした上で、「アナログからデジタルに仕事を変え、目標を達成する」と強調した。

 デジタル対応の一つがEC事業の拡充だ。経済産業省によると、15年の国内EC市場は前年比8%増の約13兆8000億円と、10年に比べると8割も拡大した。

 なかでも衣料品業界は、アマゾンジャパンや、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイなどが台頭。柳井氏は「プライベートブランド(PB、自主企画)商品も展開し始めており、将来的にはアマゾンなどが大きなライバルになる」と、危機感を示した。

 ファーストリテイリングは15年8月期まで連結売上高で、二ケタ成長を続けてきたが、16年8月期は6%増に鈍化した。

 誤算は売上高が2.5%増にとどまった国内のユニクロ事業だ。柳井氏は「節約志向もあり、お客さまは必要のない商品を買わなくなっている」と分析した。さらに「(消費者は)価格に敏感になっている」とし、昨年2月に事実上値下げした価格体系については、当面は維持する考えを示した。

海外の店舗数、「毎年300店程度増やしていきたい」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。