CES開幕、主役は自動車 日産・ゴーン氏「無人化目指す」

2017.1.7 06:09

ホンダが出展したコンセプト車「NeuV(ニューヴィー)」(共同)
ホンダが出展したコンセプト車「NeuV(ニューヴィー)」(共同)【拡大】

 世界最大の家電見本市「CES」が5日(日本時間6日)、米ラスベガスで開幕した。人工知能(AI)の進化を利用し、日産自動車は無人運転に取り組む方針を表明。ホンダやトヨタ自動車も最新の自動運転技術を導入した試作車を競って公表するなど家電メーカーに代わり、自動車大手が主役となっている。

 日産のカルロス・ゴーン社長がCESで初めて基調講演し、2020年に都市での完全自動運転を達成した後に、「車を遠隔地から集中操作する無人運転の達成を目指す」と述べた。

 ホンダは、人間の感情に似たプログラムを持つコンセプト車「NeuV(ニューヴィー)」を出展。将来的には運転手の気分を推測して店舗まで行ってコーヒーを注文したり、所有者が利用しない空き時間に車自身の判断でカーシェアリングに参加したりする機能の実現を目指す。

 トヨタもAIで運転手と「対話」する試作車を公開した。独BMWは完全自動運転車の実現に向け、年内に公道実験を開始すると発表した。

 電機メーカーでは、ソニーが次世代パネル「有機EL」を採用した大型テレビを出展し、画面から直接音が出る最新の音響技術をアピール。パナソニックも高級レコードプレーヤーの新製品などを展示した。

 CESは8日まで。過去最大規模の3800社以上が出展し、約16万5000人の来場者を見込む。(ラスベガス 共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。