【2017 成長への展望】大成建設社長・村田誉之さん(62) (1/2ページ)

2017.1.7 06:00

村田誉之さん
村田誉之さん【拡大】

 ■新国立競技場は「日本最高峰」目指す

 --昨年一年間をふり返って

 「まず、福岡市営地下鉄の工事で大規模な陥没工事を起こしたことをおわびしたい。施工者として第三者委員会の調査に全面協力し、再発防止に努めていく」

 「弊社に限らず業界全体が業績が好調だが、くい打ちデータ不正問題や直接の関係はないが免震ゴムの不正問題、豊洲新市場の盛り土問題などもあり、建設業のイメージは決して良くない。優秀な人材を確保していくためにも、ICT(情報通信技術)化など業界の進化を広く示していく必要を感じている」

 --新国立競技場が1年2カ月遅れで12月着工した

 「紆余(うよ)曲折あったが、念願の仕事を受注できたのは大きい。今後3年間、設計段階から携われるメリットを最大限に生かし、旧施設と同様に日本最高峰の競技場に作り上げたい」

 --五輪関連の工事が本格化し、人手は足りるか

 「職人の数には限りがあり、一カ所に人手を取られると他の現場に迷惑がかかる。そうならないよう、工場で作った標準部材を現地で組み立てるといった工法で現場の作業量を軽くし、効率化を図っていく」

 --労務費の上昇も見込まれる

 「しかし、建設コストの透明化が進み、『担い手がいなくなるほどコストを下げ過ぎてはまずい』という認識が発注者側にも浸透してきた。かつてのように、各社がダンピングして赤字工事を受注するような状況には戻らないだろう」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。