【2017 成長への展望】鹿島社長・押味至一さん(67) (1/2ページ)

2017.1.7 06:00

押味至一さん
押味至一さん【拡大】

 ■海外拠点展開と「担い手」育成に注力

 --2016年を総括すると

 「熊本の地震や米大統領選、英国のEU離脱決定やバングラデシュでのテロなど思いも寄らないことが多かった。リスク管理の重要性を改めて実感した年だった。だがありがたいことに業績好調で、80点はつけられるだろう。残る20点は17年度までの中期経営計画の達成と、次の計画作りだ」

 --今年の見通しは

 「原油高が鉄鋼価格上昇へつながる可能性もあり、コスト上昇の想定でみている。17年度は中期計画の最終年。用意周到にさまざまな準備をする年になる」

 --次期中計のイメージは

 「軸となるのは、海外事業の成長に向けた拠点の展開と、『担い手不足』への対策だ。グループ会社での『多能工化』を進めると同時に、協力会社への入職者を増やすための施策を打っていきたい」

 --具体策は

 「協力会社の経営者と話すと、とみに(若者の『意識の高さ』を)感じる。休暇の取得や給与水準は当然として、国際化など将来性を重視する若者が多いそうだ。そうした『夢』を語れるような仕事を、元請けが作っていきたい。例えば、海外の現場に協力会社から応援を数人派遣してもらうような。日本の協力会社から人を派遣し、現地で職人を育てるイメージだ。そうした事例を少しずつ増やし、若い人たちが職人の世界に希望を持って入ってくれるようにしたい」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。