旬の食材楽しむイタリアン リビエラ、あすリニューアル開業

「リストランテAO青山」の1月のディナーコース
「リストランテAO青山」の1月のディナーコース【拡大】

 レストラン・ウエディング事業を展開するリビエラ(東京都港区)は、イタリア料理レストラン「リビエラダイニング グランブルー青山」をリニューアルし、1カ月半ごとにメニューを入れ替え、旬の食材が楽しめる「リストランテAO 青山」として10日オープンする。

 日本料理からスタートし、後にイタリアに渡って料理修業を積んだ小川圭祐氏がメインシェフに就任。和食とイタリア料理双方の知見を生かし、季節感あふれる味を提供するという。

 全国の契約農家や牧場から直接厳選された食材を仕入れる。生産者を限定した神奈川県の「三浦野菜」や相模湾の魚介類、熊本県の牧場から直送される「くまもとあか牛」、うまみを凝縮させた氷温熟成肉など、こだわりの食材を多数そろえる。

 このほか店舗が入るビルの屋上菜園で育てた野菜もメニューに加える。通常のワインのほか、自然派ワインも多く取りそろえている。

 コース料理に力を入れ、ランチ3種類、ディナー2種類を提供。旬の食材を味わってもらうために、1カ月半ごとにメニューを入れ替えるほか、常連客には要望に合わせた特別メニューを提案する。

 24人まで対応可能な個室3室を備え、家族やグループの食事から接待にも使える。ディナーコースは6800円から。ランチコースは2700円から。