【2017 成長への展望】日本ゼオン社長・田中公章さん(63) (1/2ページ)

2017.1.10 05:00


【拡大】

 ■プラントフル稼働で低迷期から飛躍

 --昨年を振り返ると

 「当社はエラストマー事業(合成ゴム、合成ラテックス、化成品)が売り上げの約6割を占めているが、合成ゴムは石油由来の原料から作られているため、原油価格が下がると製品価格が下落する。また、天然ゴムの価格が下がると合成ゴムの需要が減り合成ゴムの値段も下がる。取引先からは、天然ゴムの値段が下がっているのと合成ゴムの値下げ圧力がさらに強まるという図式で、昨年の上期はまさにどん底だった。だが、11月の米大統領選後に長期金利が上がり、ドルが買われて円が安くなった。天然ゴムの値段も上がってきた」

 --追い風が吹いている

 「エラストマーではシンガポールの溶液重合法スチレンブタジエンゴム(S-SBR)の生産プラントの第2系列が昨年9月から稼働し、既存の第1系列3万5000トンに加えた年間生産能力が7万トンと倍増した。国内でも水島工場(岡山県倉敷市)で高機能プラスチックのシクロオレフィンポリマー(COP)プラントを増強し、粘接着剤に使われる熱可塑性エラストマー(SIS)も増やした。今年はこれらをフル生産にもっていきたい」

 --住友化学とS-SBRの合弁事業も始まる。

 「S-SBRは技術力の闘いだ。当社と住化さんの技術をコラボさせると他社にはないような合成ゴムができるのではないかと期待している」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。