【2017 成長への展望】ファミリーマート社長・沢田貴司さん(59) (1/2ページ)

2017.1.10 05:00


【拡大】

 ■IoT、AI活用でコンビニにも変化

 --昨年9月に経営統合したファミリーマートとサークルKサンクスの店名を2019年2月までに統一する

 「経営統合から2年半かけてファミマに統一する計画で、順調に進んでいる。時期については(看板の掛け替えなど)物理的な制約はあるものの、なるべく前倒ししたい。経営統合で店舗数は約1万8000店と、首位セブン-イレブン・ジャパンに次ぐ規模となり、物流などでメリットが大きい」

 --2万店という当面の目標も視野に入ってきた

 「加盟店が元気になるような施策を取り入れることで、結果として2万店に拡大したい。これまでは『セブンに追いつけ追い越せ』で出店を増やしてきたが、もっとアライアンス(提携)を駆使するなど機動的なやり方があるかもしれない。これまでは出店という“足し算”だったが、不採算店の整理という“引き算”もしつつ、全体として店舗数を増やしていく」

 --日販(1店の1日当たりの売上高)では、首位セブンとの差が大きい

 「商品開発を含め、全てでセブンが優れている。PDCA(計画、実行、評価、改善)をしっかり回して、追い上げたい。ただ、コンビニはもっと変われる。モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)といった技術が進歩している。こうした技術を正しく取り入れることが重要だ。将来的にはライバルがコンビニでなくなる可能性すらある。今までのコンビニのビジネスを否定するつもりはないが、現状で思考停止してはいけない」

「将来的にはファミリーマートらしい金融サービスをやりたい」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。