【2017 成長への展望】ローソン社長・竹増貞信さん(47) (1/2ページ)

2017.1.10 05:00


【拡大】

 ■生活に不可欠な町のインフラ目指す

 --コンビニ業界の環境をどうみるか

 「競合相手との競争は厳しく、顧客の変化を見逃すとすぐに置いていかれる。ただ、大手3社が切磋琢磨(せっさたくま)して顧客ニーズをつかみ続けており、いまだに店舗数や売上高は増えている。さらに進化を続ければ、店舗数や売上高はまだ拡大できる」

 --その中で、ローソンが目指すべき方向性は

 「国内では少子高齢化や核家族化が進んでいる。社会の変化に対して、柔軟に対応することで、生活を支援する存在でありたい。最適な商品を供給する『セミオート発注システム』や、精算と袋詰めを自動化した『レジロボ』など、最先端の技術を導入する一方で、高齢化が進む地域では店員と住民の会話を大切にして日々の生活に欠かせない町のインフラを目指す」

 --改善すべき課題は

 「昨年からセミオート発注システムを導入し、商品の発注時間が2時間から30分に短縮した。ようやく売り場が整い始めた。今年は商品力を強化したい。システムと売り場、商品がうまく回る体制を構築し、顧客に満足してもらえる店づくりに力を入れたい」

 --三菱商事の完全子会社となったが、どのような連携効果を期待しているか

 「原材料の調達などで三菱商事の力を借りたい。三菱商事と取引するメーカーは多く、今後は当社とも本気で向き合ってくれる。例えば、弁当では良い素材を調達し、良い加工を行い、タイムリーに顧客に届けられるようになる。あとは海外事業で協力を仰ぎたい」

セブンとの差は「詰められる」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。