中国アリババも米国での雇用拡大アピール 馬会長がトランプ氏に面会、米での事業拡大で

2017.1.10 11:14

 中国の電子商取引最大手アリババグループの馬雲会長は9日、トランプ次期米大統領とニューヨークで会い、米国内で自社のサービスを拡大し、新規雇用につなげる計画を表明した。

 米中西部の農産物を中心に、アリババのインターネット通販網を通じて中国の消費者に販売する。100万の小規模事業者の支援を目指しているという。

 米メディアによると、馬雲氏は面会後、記者団に「米中関係をさらに強固にし、より友好的にする」と発言。トランプ氏は「(馬雲氏と共に)偉大なことをする」と述べた。

 アリババグループと関係の深いソフトバンクグループの孫正義社長も昨年12月、トランプ氏と会い、米国企業に500億ドル(約5兆8千億円)を投資して5万人の雇用を創出すると表明した。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。