自動車主戦場の競争力左右 トヨタ、今後5年で米に1兆円超投資 (1/2ページ)

2017.1.11 06:13

北米国際自動車ショーの会場で記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=9日、米デトロイト(ブルームバーグ)
北米国際自動車ショーの会場で記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=9日、米デトロイト(ブルームバーグ)【拡大】

 トヨタ自動車は9日、今後5年間で米国に100億ドル(約1兆1600億円)を投資すると発表した。豊田章男社長が米中西部デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーの会場で記者会見した。トランプ次期米大統領が5日、トヨタが進めるメキシコでの新工場建設を名指しで批判した後、社長が会見するのは初めて。米経済への貢献を表明することでトランプ氏の理解を得る思惑とみられる。ただ、トヨタはメキシコ工場について「現時点で計画に変更はない」(広報)としており、トランプ氏の批判を封じることができるかどうかは予断を許さない。

                   ◇

 豊田社長は「米国には13万6000人の仲間(従業員)がいる」と述べ、米国での実績を強調。トヨタの世界最大の工場は米国にあるとも指摘し、雇用増に寄与しているとアピールした。さらに「過去60年間、米国で220億ドルを投資してきた」と説明。トランプ氏の大統領任期中に、米国での投資のペースを緩めない方針を強調したい考えもありそうだ。

 100億ドルは、新型車の開発や工場の生産性向上、米国内にある人工知能(AI)の研究開発拠点や、テキサス州に設ける「北米本社」への投資に充てる。

「私たちはルールに従うだけだ」(日産ゴーン社長)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。