17年工作機械受注、1.35兆円目標

2017.1.11 05:00

 日本工作機械工業会の花木義麿会長(オークマ社長)は10日、東京都内で開いた新年賀詞交歓会で2017年の工作機械受注額について1兆3500億円を目標とする考えを示した。花木会長は「米国のトランプ新政権が国内のインフラへの投資拡大の姿勢を見せていることもプラスだ。世界的にも高精度な加工など高付加価値機へのニーズが高まっており、世界経済は総じて好転していく」と述べた。

 一方、16年の受注額は前年比約15%減の約1兆2000億円の見通し。工業会が好不調の境目とする1兆円の大台は6年連続で超えたものの、2年連続で前年実績を下回りそうだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。