経団連会長、麻生財務相らトヨタ方針支持「方向は間違っていない」 (2/2ページ)

 工作機械大手のオークマの花木義麿社長も、フジサンケイビジネスアイの取材に対し「米国での設備投資拡大期待は大きい。日本の工作機械各社にプラス」と話した。

 一方で、榊原氏は「メキシコ進出企業の多くがNAFTA(北米自由貿易協定)の無関税などの枠組みを意識しており、その前提が変わるとなれば、多くの企業が進出や投資を躊躇(ちゅうちょ)する」と、トランプ氏の下での今後の米国の通商政策に懸念も示した。