国内初、全主要DRM対応『SaaS型マルチDRM』の提供開始~ユーザーの既存システムを活用し短期間・低コストでマルチDRM対応を実現~

2017.1.11 11:14

「SaaS型マルチDRM」イメージ
「SaaS型マルチDRM」イメージ【拡大】

株式会社豆蔵ホールディングス(証券コード:3756、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荻原 紀男)の事業会社である、株式会社ネクストスケープ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小杉 智、以下 ネクストスケープ)は、マルチブラウザでの配信サービスを検討しているコンテンツ配信事業者向けに国内初(※)となる、主要デジタル著作権管理(以下 DRM)全てに対応した『SaaS型マルチDRM』を2017年1月11日(水)に提供開始いたします。
※ 2016年12月末時点、当社調べ。

ネクストスケープの『SaaS型マルチDRM』は、コンテンツ配信事業者の既存システムを活用しながら、「Microsoft PlayReady」、「Google Widevine」、「FairPlay Streaming」など主要DRM全てを利用した配信の実現が可能です。配信事業者のシステムに大きな変更を加えることがないため、マルチブラウザでセキュアなコンテンツ配信を短期間、低コストで実現します。

【『SaaS型マルチDRM』のイメージ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119223/img_119223_1.jpg

【『SaaS型マルチDRM』詳細URL】
http://www.nextscape.net/solutions/multiDRM

【ネクストスケープについて】
ネクストスケープは、コンテンツの暗号化、PC・スマートフォン・タブレット・TVなどマルチブラウザに向けた配信、デジタル著作権管理(DRM)、配信に伴うシステムの構築など、コンテンツ配信ビジネスのあらゆる行程をサポートしております。その中でもコンテンツのセキュリティ保護に力を入れており、「Microsoft PlayReady」、「Google Widevine」や「FairPlay Streaming」をはじめとしたDRMに対応したマルチブラウザ向けのコンテンツ配信方式(MPEG-DASHやHTTP Live Streamingなど)をサポートし、動画配信事業者や教育系機関等、様々な業種のお客様にご活用いただいております。ネクストスケープが提供するサービスにより、今後ともマルチブラウザでセキュアなコンテンツ配信を実現し、不正コピーと違法再配信からの保護を強化してまいります。

【株式会社豆蔵ホールディングス 概要】
所在地: 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング34階
設立 : 1999年11月
代表者: 代表取締役社長 荻原 紀男
資本金: 864百万円 ※2016年3月末現在
URL  : http://www.mamezou-hd.com/

【株式会社ネクストスケープ 概要】
本社 : 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル22階
設立 : 2002年4月
代表者: 代表取締役社長 小杉 智
資本金: 150百万円
URL  : http://www.nextscape.net

※記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本ドキュメントの掲載内容は発表時の内容です。
※画像は全てイメージです。改良のために予告なく変更する場合があります。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。