プリウス、4年ぶり首位奪還 16年車名別販売、2位はN-BOX

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日発表した2016年の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が前年比94.9%増の24万8258台となり、4年ぶりに首位を奪還した。15年12月に全面改良した新型の販売が好調だった。

 2位はホンダの軽自動車「N-BOX」で、0.8%増の18万6367台。15年に首位だったトヨタのHV「アクア」は22.0%減の16万8208台で3位に落ちた。4位はダイハツ工業の軽「タント」だった。

 5位はトヨタのミニバン「シエンタ」で96.9%増。三菱自動車の燃費不正問題で販売を一時停止した日産自動車の軽「デイズ」は6位に食い込み、HVが主力のホンダの小型車「フィット」が7位と続いた。

 一方、日本自動車輸入組合が11日発表した16年の外国メーカー車のブランド別輸入販売台数はドイツのメルセデス・ベンツが3.4%増の6万7386台で2年連続の首位となった。主力車「Eクラス」など新型が好調だった。2位はドイツのBMWで9.4%増の5万571台。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は13.8%減の4万7234台で3位だった。