ホンダ、米国で「アキュラ」など77万台を追加リコール タカタ製エアバッグ問題で

2017.1.12 10:20

 ホンダは11日までに、タカタ製エアバッグの欠陥問題で、米国で約77万2千台を追加リコール(無料の回収・修理)すると発表した。ホンダによると、米道路交通安全局(NHTSA)の方針に従い、経年劣化が進んだ車両から5段階に分けて順次リコールしており、今回は第2弾に当たるという。

 今回の対象車種は、高級車ブランド「アキュラ」の2005~06年型の「MDX」や、08~12年の「アコード」の一部など。

 NHTSAによると昨年末時点で、関連事故による死者は米国だけでも11人、負傷者は少なくとも184人に上る。米国では自動車メーカー19社が計4千万台超をリコールしている。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。