流通2強の3-11月期決算、増収イオンは赤字172億円 セブンも減収減益と苦戦

2017.1.12 16:04

 流通業界の2強であるイオンとセブン&アイ・ホールディングス(HD)が12日までに2016年3-11月期の連結決算を発表した。売上高にあたる営業収益はイオンが前年同期比1.1%増の6兆998億円と減収のセブンを大きくリードしたが、最終損益では39.8%減と大幅減益ながら755億円を確保したセブンが赤字172億円のイオンに格差をつけた。

 大型スーパーを中心に厳しい経営環境が続いている流通業界とあって、ともに苦しい決算となった。両社とも通期(2月期)連結決算予想は据え置いた。

 セブンの営業収益は前年同期より5.0%減らして4兆2889億円にとどまった。営業利益は5.0%増の2740億円。一方、イオンも営業利益は5.6%増の853億円と増益としたが、最終赤字は前年同期(赤字174億円)とほぼ同じ規模だった。

 通期連結最終利益はイオンが100億円、セブンが800億円の黒字を目標としている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。