中国の奥凱航空、西安-函館の定期便を運休へ まだ就航1カ月半、赤字続きで

2017.1.12 12:42

 中国の民間航空会社奥凱航空が昨年12月23日に就航した中国・西安-函館の定期便を、2月10日から運休することが12日、分かった。就航後わずか1カ月半での運休について、同社の日本代表事務所は、搭乗率が5割以下にとどまっているため「赤字のまま運航するわけにはいかない」と説明している。

 定期便は金曜日のみの週1往復で、中国の春節(旧正月)後の2月3日の運航を最後に運休する。定期便は昨年5月に週3往復で就航する予定だったが、中国の航空当局との調整が遅れ延期していた。

 函館市港湾空港部の担当者は「非常に残念で、困惑している。函館と中国内陸部結ぶ初めての定期便で、一定期間運航した上で判断してもらいたかった」と話した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。