コラントッテと東京海上日動が提携

 医療機器メーカーのコラントッテ(大阪市)は11日、東京海上日動火災保険と提携した新サービス「コラントッテ・セーフティ・システム(CSS)」を始めた。磁気健康ネックレスに、身元照会サービスや交通事故傷害保険などを組み合わせた。高齢者の急病時や認知症患者の徘徊(はいかい)時の身元確認などに役立つという。

 利用者は申し込み時に事前に緊急連絡先を登録。連絡先はコラントッテ社が一元的に管理する。ネックレスには、CSS管理センター直通の電話番号と個別のIDが印字されており、緊急時に電話をかければ自動的に家族などに連絡が行く仕組み。徘徊時に交通事故にあった場合などは、東京海上の保険がカバーする。

 申し込みはコラントッテのホームページから行える。今後は同社のオフィシャルショップなどでも受け付け、年内に10万件の利用を目指すとしている。