【マネジメント新時代】「今年はこれが流行る!」にご用心 (3/3ページ)

2017.1.14 06:41

ソニーが発売した「プレイステーション(PS)VR」を体験する人。2016年は家庭向けVR機器が世界で投入された(ブルームバーグ)
ソニーが発売した「プレイステーション(PS)VR」を体験する人。2016年は家庭向けVR機器が世界で投入された(ブルームバーグ)【拡大】

 ◆ブルーオーシャンを考える

 年初めに、これから何をするかを考えることは重要である。その際、これからの世の中に何が必要となっていくか。また、あまり手がつけられていないテーマや分野は何かを考えることが大切であろう。

 その意味では、テーマ探索はメディアの編集者と視点が似ているのかもしれない。今あるものを追いかけるのではなく、どこにブルーオーシャン(参入者がいない新市場)があるか、もしくは、これからブルーオーシャンになるかを考えることが大切である。

 宅急便を開発したヤマト運輸元社長、小倉昌男氏は自著「小倉昌男 経営学」の中で「荷物の密度を上げることをキーワードに、サービスが先、利益は後」を徹底したと説いている。つまり、世の中に必要となると思われるものに対して、早く着手して網を広げることが肝要であると。

 その後、周囲の人が気づいてブームになった時は、既に先行投資を行っており、知見・経験の蓄積があることから、追随が難しくなる。このように、流行は後からついてくるのであり、流行を追いかけている間はいつまでたっても勝者になれないのではないだろうか。

 くれぐれも「今年はこれが流行る!」にご用心を!

                   ◇

【プロフィル】和田憲一郎

 わだ・けんいちろう 新潟大工卒。1989年三菱自動車入社。主に内装設計を担当し、2005年に新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」プロジェクトマネージャーなどを歴任。13年3月退社。その後、15年6月に日本電動化研究所を設立し、現職。著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。60歳。福井県出身。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。