【ケータイWatch】iPhone発表から10年 世界以上に日本で受け入れられた理由 (3/3ページ)

2017.1.16 05:00

2007年1月9日、アイフォーンを披露するアップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)。このときに社名を「アップルコンピュータ」からアップルへと変更した=米サンフランシスコ(ブルームバーグ)
2007年1月9日、アイフォーンを披露するアップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)。このときに社名を「アップルコンピュータ」からアップルへと変更した=米サンフランシスコ(ブルームバーグ)【拡大】

 過去、日本では“iPhone”の新機種が発売されるたび、通話定額、大容量プランといった新たな料金体系が発表され、さらには実質0円を広く普及させたキャンペーン、はたまた旧機種の下取りといった取り組みも導入されてきた。iPhoneは、ハードウエア、ソフトウエアのみならず、アプリやWebサービスなどコンテンツ面にも大きな変革をもたらし、毎月支払う料金にも多大なる影響を与えた。ライバルとなるAndroid(アンドロイド)が機能面でiPhoneをリードすることも数多くあるが、まだまだ“iPhone”の存在は大きい。

 アップルのシニアバイスプレジデントであるフィリップ・シラー氏はiPhone登場10周年に合わせて発表した文書で、iPhoneがもたらした数々の変革を紹介しつつ、「これはまだ始まりにすぎないと信じている」と今後も革新をもたらし続ける姿勢を示している。(インプレスウオッチ)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。