東芝、半導体事業の分社化で数千億円の調達も 欧米ファンドなど意欲、損失7000億円の穴埋めで (1/2ページ)

2017.1.20 05:59

東芝本社が入る浜松町ビルディング=港区芝浦(斎藤浩一撮影)
東芝本社が入る浜松町ビルディング=港区芝浦(斎藤浩一撮影)【拡大】

 東芝が米国の原発建設で計上する損失額が、最大で7000億円規模に膨らむ可能性があることが19日、分かった。分社化する半導体事業の一部売却に向け入札手続きを開始したことも判明。英投資ファンド「ペルミラ」や米ファンド「ベインキャピタル」などが応札に意欲を示しており、数千億円での売却を見込む。

 東芝はこの日、主力取引銀行に状況を説明し、支援を要請、取引行は、支援に応じる方針だ。

 東芝は昨年末の段階で、損失を最大5000億円と想定していたが、米国事業は外貨建てのため、最近の円安で損失額が増えたもようだ。原発の完成までの費用もかなり増えるとみられる。監査法人との協議次第だが、最大で7000億円程度の損失になる見通しだ。

 関係者によると、主力製品の「フラッシュメモリー」を分社化し、新会社の株式の2、3割を売却する。

 3月末までの入金が条件で、新会社を将来上場させることを見込んでいるため、転売しないことを求める。

 三重県の四日市工場の製造設備に共同で投資している米ハードディスク大手のウエスタン・デジタルに出資してもらう案もある。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。