大和ハウスと長谷工、湘南に大規模マンション IoT・AIで住人の健康支援 (1/2ページ)

「(仮称)プレミスト湘南辻堂」の完成予想図
「(仮称)プレミスト湘南辻堂」の完成予想図【拡大】

 大和ハウス工業と長谷工コーポレーションは25日、湘南エリアでは最大となる総戸数914戸の分譲マンション「(仮称)プレミスト湘南辻堂」(神奈川県藤沢市)を26日から着工すると発表した。入居者向けサービスとしてIoT(モノのインターネット)技術やAI(人工知能)を活用。大和ハウスグループのスポーツクラブNASが監修する運動メニューと連動させるなど健康支援を訴求する。

 NTTの社宅跡地を活用して事業を進め、2018年12月以降の完成を見込む。敷地面積は約3万5000平方メートルで、エアロバイクなどを備えたフィットネスジムやウオーキングコースを設置。計測データはリストバンド型のウエアラブルデバイスを通じてクラウドサーバーに集約し、AIを活用して解析。個人ごとに最適な運動メニューを提案し、スマートフォンで確認できるようにする。最多価格帯は5000万円台を予定している。

 不動産経済研究所によると、首都圏で16年に売り出されたマンション戸数は15年比11.6%減の3万5772戸。バブル崩壊直後の1992年に次ぐ低水準だった。17年についても「市場は株価と連動するためトランプ米大統領の政策が懸念材料」(大和ハウス東京本店マンション事業部の松岡康成部長)といった慎重な意見が目立つ。

超都心部の物件も依然として人気が高い