長谷工 女性も軽々、可動収納開発 自社マンション2件で採用

女性1人でも簡単に動かすことができる=26日、東京都品川区
女性1人でも簡単に動かすことができる=26日、東京都品川区【拡大】

 長谷工コーポレーションは26日、家族構成やライフスタイルの変化に合わせ、居住者自らの手で居室と収納の広さを自在に変えられる可動収納ユニット「UGOCLO(ウゴクロ)」を開発したと発表した。第1弾として同社が設計施工する東京都内の2件のマンションで採用が決まっており、今後も積極的に提案していく。

 ウゴクロは可動式のクローゼットで、足元のキャスターによって女性一人でも簡単に移動させることができる。固定する際は、ストッパーと天井への突っ張り金具で対応する。収納部は生活の変化などに応じて、さまざまな用途が可能だ。例えば2人暮らしの時には夫婦の寝室と別の部屋の間にあるウオークスルークローゼットとして機能し、子供の部屋が必要な時期になったら、両方の部屋から利用できるクローゼットに“変身”。その分、片方の部屋を大きくすることもできる。

 販売価格の高騰により、1次取得者層向けマンションは苦戦を強いられている。定永好史執行役員はウゴクロで「郊外型物件を復活させたい」と述べた。