画像解析技術、再生医療の進化に活用 エルピクセル・島原佑基社長 (2/2ページ)


【拡大】

 --そんななか、東レエンジニアリングと資本業務提携した

 「再生医療が進み、いずれ細胞シートなど医学や生物学によって生まれた製品を工業化する時代に入る。工業製品は品質管理が重要。細胞シートなどに使われる細胞の不具合をどう見つけるかが課題になる。いままで培った技術の蓄積が再生医療の進化に役立つと確信している」

                   ◇

【プロフィル】島原佑基

 しまはら・ゆうき 東大大学院新領域創成科学研究科修了。2014年3月エルピクセルを設立し、現職。29歳。宮崎県出身。

                   ◇

【会社概要】エルピクセル

 ▽本社=東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ701

 ▽設立=2014年3月

 ▽資本金=7億1100万円(資本準備金を含む)

 ▽従業員=約30人

 ▽事業内容=ソフトウエアの企画、研究、開発製造および販売など