ヤンマー、社員食堂を土日限定で開放 農業振興 こだわりの食材取り入れ

2017.1.31 06:14


【拡大】

 農機大手のヤンマー(大阪市)は30日、大阪・梅田にある本社ビル12階の社員食堂を、土日限定で一般開放すると発表した。子会社が栽培した無農薬野菜や、ビル内に設けた養蜂場の蜂蜜を使ったメニューを提供する。営業は午前11時から午後3時のランチの時間帯のみで、2月4日から始める。

 メニューは肉や魚をメーンにした週替わりの「プレミアムマルシェランチ」(1000円)と「プレミアムマルシェカレー」(900円)の2種類。いずれも顧客農家が栽培した米を使用する。

 ヤンマーは農業振興の一環として、農法にこだわりを持つ生産者から仕入れた旬の食材を取り入れるなど、社員食堂の運営に力を入れている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。