ソフトバンク、格安スマホめぐる日本通信とのトラブル収束 ワイモバイルで対抗? (1/2ページ)

2017.2.2 06:04

ソフトバンクグループの孫正義社長
ソフトバンクグループの孫正義社長【拡大】

 格安スマートフォンを手掛ける仮想移動体通信事業者(MVNO)の日本通信がソフトバンクと回線の相互接続をめぐって争っていた問題が収束した。日本通信は1日、ソフトバンクと相互接続協定書を締結し、ソフトバンクのiPhone(アイフォーン)契約者向け格安SIMカードの提供を始めると発表した。MVNOはこれまで、主にNTTドコモの回線を利用していたが、今後はソフトバンク回線も選択肢に入るようになり、格安スマホの市場活性化と利用者増につながりそうだ。

 日本通信が3月22日に提供するソフトバンク契約者向け格安SIMカードを使うと、最新のアイフォーン7など、ソフトバンクがSIMロック(自社回線以外で使えなくする仕組み)をかけたスマホも格安料金で利用できるようになる。日本通信は、ソフトバンクの回線を使った格安SIMカードが広まれば「比較的短期間で、携帯電話契約者全体の中でMVNOの占めるシェアは倍になる」との見通しを示す。

 日本通信は、SIMロックの有無を問わずに格安SIMを提供するためにソフトバンクと回線の相互接続を求めていたが、ソフトバンクはSIMロック端末向けのSIMカードの発行を拒否。そのため、日本通信がSIMロック端末向け格安SIMカードを提供できなかった。

「ワイモバイルが他のMVNO以上に安い料金を提供してくる」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。