トヨタ、インドで「ものづくり学校」設立へ 技能指導に独自の生産方式反映 (1/2ページ)

2017.2.7 05:00

インド南部バンガロールのトヨタ工業技術学校で指導を受ける生徒=1月10日(共同)
インド南部バンガロールのトヨタ工業技術学校で指導を受ける生徒=1月10日(共同)【拡大】

 インドで今年夏、日本政府と企業が支援する「ものづくり学校」が設立される。10年間で3万人の人材育成を目指し、インドに現地法人を持つトヨタ自動車、スズキ、ダイキン工業がそれぞれ開校の準備を進める。トヨタは既存の技術学校を活用する方針で、独自の生産方式を「ものづくり」の技能伝授に反映させる考えだ。

 「ヨシ! ヨシ!」。部品製造の実習で、動作確認を行う生徒たちの声が教室に響く。南部バンガロールにある「トヨタ工業技術学校」。現地法人「トヨタ・キルロスカ・モーター」(TKM)の敷地内にあり、140人の生徒が学んでいる。

 設立は2007年。世帯年収が9万ルピー(約15万円)以下の貧困層で、経済的な理由から進学できない中学卒業の男子に専門技術を学ぶ機会を提供する。全寮制で3年間、英語などの一般科目のほか、溶接や塗装などを学び、卒業後はTKMや関連会社に就職することができる。学費などは無料で、選抜試験の倍率は100倍近くに達する。

「技術や英語も学べて、世界が変わった。両親に仕送りができることがうれしい」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。