AIなどの専門人材を確保 SOMPOHD、養成機関設立へ

 SOMPOホールディングス(HD)は6日、ビッグデータの解析やAI(人工知能)を活用できる人材の養成機関を設立すると発表した。

 商品開発やサービスの向上のため、高度な技能を持つ専門人材の確保に迫られており、自前で育成に乗り出す。社内外から受講者を募り、優秀な人材の確保を狙う。

 IT(情報通信)人材育成のデジタルハリウッド(東京都千代田区)と連携し、2017年度上期中に設立する。先行して、4月から社会人経験者を対象としたコースを開講。講座では、SOMPOHDが保有する自動車の走行情報や健康関連のデータを活用する。実際のビジネスに生かすため、新事業の企画提案も行う。

 講座は年2回で定員20人、受講料は数万円の予定。2月末にも受講希望者の募集を始める。今後、社員限定のコースや学生を対象にしたプログラムなど幅広く提供していくとしている。