携帯大手3社、格安スマホのサブブランドが収益貢献鮮明 4~12月期業績

2017.2.9 06:19

携帯3社の4-12月期業績
携帯3社の4-12月期業績【拡大】

 携帯大手3社の2016年4~12月期連結決算が8日出そろい、全社が増収増益だった。スマートフォンの過度な割引の規制で販売代理店に支払う奨励金が減り、利益を押し上げた。KDDI(au)とソフトバンクは格安スマホを取り扱うサブブランドも貢献した。KDDIは17年3月期の営業利益見通しを従来予想から250億円増の9100億円に上方修正した。

 増益の主な要因は販売コストの低減とモバイル通信サービス収入の増加だ。KDDIの営業利益は前年同期から約1000億円増えたが、このうち販売コスト減などが509億円を占めた。NTTドコモは、新しい料金プランが人気で、スマホの新規契約が膨らんだことによるモバイル通信サービス収入増が590億円の増益要因となった。

 格安スマホの人気が徐々に高まる中、KDDIは「UQモバイル」、ソフトバンクは「ワイモバイル」というサブブランドを展開。全体の契約数を支える役割を果たしているが、通信料金が安いサブブランドの比率が上がれば減収要因となる難しさもはらむ。

 KDDIの田中孝司社長は「新たな差別化、商材で埋めていきたい」と話した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。