人手不足が深刻な宅配業界 増員できないなら… ヤマトがとった“1400億円投資策” (3/3ページ)

2017.2.11 16:04

(左)ヤマト運輸のトラック。(右)羽田クロノゲートの「クロスベルトソーター」。ベルトは「セル」と呼ばれる区切りにわかれており、セルごとに横へ動くため、荷物に与える衝撃は少ない。(写真=AFLO)
(左)ヤマト運輸のトラック。(右)羽田クロノゲートの「クロスベルトソーター」。ベルトは「セル」と呼ばれる区切りにわかれており、セルごとに横へ動くため、荷物に与える衝撃は少ない。(写真=AFLO)【拡大】

 上層階は付加価値機能エリアとして、家電製品の修理や医療機器の洗浄などを行うグループ会社が入居しており、15事業会社で1日に約3000人が働く。このように物流を「付加価値を生み出す手段」に進化させ、利益を生む源泉に変える構想を、同社では「バリュー・ネットワーキング構想」と呼んでいる。

 「宅配便産業は労働集約型なので、成長する限り人を増やさなければならない。取り扱う荷物が増えても、人を増やせない時代にどんなシステムが必要か。クロノゲートはその一つの答えであるといえるでしょう」

 (ノンフィクションライター 稲泉 連=文 永井 浩、森本真哉=撮影(人物)AFLO=写真)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。