東宝幹部も認める「君の名は。」が超えられない壁 「千と千尋」とは“次元が違う” (3/4ページ)

2017.2.13 06:35


【拡大】

  • 映画「君の名は。」の1シーン
  • 映画界に旋風を巻き起こした「君の名は。」(C)2016「君の名は。」製作委員会

 だが、1位となると話は別のようだ。そこには「千と千尋の神隠し」という、超えなければならない高い壁が存在するからだ。配給した東宝の幹部も「千と千尋の神隠しは“次元”が違う」と、その差を認める。

 「千と千尋の神隠し」は宮崎駿監督によるスタジオジブリのアニメ映画で、平成13年7月に公開された。「ジブリ作品はすでにブランドとしてファミリー層に定着していた」(東宝幹部)ことから、公開当初から人気となり、興行収入は約308億円に達した。

 「千と千尋の神隠し」と「君の名は。」の興行収入の差は現在、約68億円。昨年ヒットした映画「シン・ゴジラ」の興行収入が、約82億円ということを考えれば、その差がいかに大きいかが分かるだろう。

 「君の名は。」が追い上げるチャンスと見られていたのが、米映画界で最高の栄誉とされるアカデミー賞の受賞だ。「千と千尋の神隠し」は2003年3月、第75回アカデミー賞の長編アニメ部門で最優秀賞に選ばれている。米国でも高く評価されたことが、国内でも大きな話題となった。

 今年は2月26日(日本時間27日)に発表される第89回アカデミー賞。実は「君の名は。」が選ばれることに周囲では期待が高まっていた。昨年12月4日、米ロサンゼルス映画批評家協会は、今年の優れた映画に授与する各賞を発表し、「君の名は。」がアニメ賞に選ばれたからだ。

「千と千尋の神隠し」の偉大さが改めて浮き彫りに

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。