三菱自、フィリピンで小型車「ミラージュ」生産 市場成長見込み 東南アジアの態勢強化

2017.2.17 16:11

 三菱自動車は17日、フィリピン工場で小型車「ミラージュ」の生産を始めたと発表した。乗用車はこれまでタイなどから輸入していたが、市場の成長を見込み現地生産に切り替える。4月にはインドネシア工場が稼働する計画で、主力の東南アジアで生産態勢を強化して収益拡大を目指す。

 マニラ近郊にあるフィリピン工場では従来、現地で需要が大きい商用バンを生産してきた。新ラインには約100億円を投じ、乗用車の生産能力は年5万台として将来の輸出も視野に入れる。

 三菱自の2016年の現地販売は、前年比12・9%増の5万9480台。市場規模は依然小さいが、シェアは15・3%と高い。乗用車普及を先導する小型車の生産・販売を強化し、シェア確保を狙う。

 ミラージュはフィリピン政府が進める自動車産業育成政策の支援対象となり、税制などの優遇措置を受けられることも現地生産を後押しした。

 三菱自の17年3月期の世界販売92万1千台のうち、東南アジア諸国連合(ASEAN)は20万6千台と約2割を占める見込み。同地域で輸出もするタイ(生産能力42万4千台)やインドネシア(16万台)に次ぐ、重要拠点としてフィリピンの生産態勢を整える。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。